« 007 スペクター | Main | 引越し1周年 »

April 30, 2016

パラジャーノフの映画と椅子

GW初日の昨日は、新宿のK'sシネマでパラジャーノフ監督の「アシク・ケリブ」と「火の馬」を見てきた。http://www.pan-dora.co.jp/?cat=5
10年ほど前に「火の馬」を見て感動し、もう一度見たいと思ったのがきっかけ。K'sシネマは新宿東南口から3分程のところにあり、84席と小さいが、席にゆとりがあって前に荷物もかけられるので快適。3本3000円という料金設定のせいか、当日3本目の「アシク・ケリブ」はほぼ満席(私も3本見る予定が、お寝坊なので2本になった)。
「アシク・ケリブ」はグルジア、「火の馬」はウクライナの山岳地方(カルパチア)が舞台。どちらも恋愛(ロミオとジュリエットのような反目し合う家族、かつ貧富の差がある家族に生まれたので障害のある恋愛)がテーマだが、その土地の暮らしや民族の歴史も重要な役割を果たしている。
その地方ならではの色彩や衣装や楽器、歴史を感じさせる家屋や物の中で話が進むので、見終わると、しばらくそこで暮らしたような、どっぷりと浸った感が残る。同じ恋愛でも「アシク・ケリブ」はハッピーエンドなおとぎ話、「火の馬」は人生のやるせなさを感じる悲劇。
見終わって、すぐ近くに大塚家具があったので立ち寄って、椅子を購入。年末に無印の座り机を買ったものの、まだ椅子は無い生活。必要な時に買えばいいやとゆっくり構えていたが、昨日出かける前に戸棚の高いところに置いた映画用食料(クリーム玄米ブラン)に届かなくて、納戸からわざわざ脚立を出すことになり、やっぱり椅子があったほうがいいな、と思ったのがきっかけ。
最初は踏み台兼用のものがあればと思ったが、折角なので座ってくつろげる方がいいなと座り比べた結果、アーム付きダイニングチェアになった。最初に買おうとした椅子の3.5倍の値段だが、多分一生使うことになりそうだし・・と奮発。
ダイニングチェアを1脚だけ買う人はあまりいないかもしれないけど、場所を取るのでとりあえず。引越しして初めての椅子!届くのが楽しみ(実家にいた時は、椅子が有り難いものなどとは思ったことも無かった)。

|

« 007 スペクター | Main | 引越し1周年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80544/63560313

Listed below are links to weblogs that reference パラジャーノフの映画と椅子:

« 007 スペクター | Main | 引越し1周年 »